top of page
  • 執筆者の写真八郎川慰霊の灯実行委員会

日見中学校で防災講話をしてきました。


毎年10月29日に日見中学校では、隣接する日見小学校と合同で防災訓練を行っています。

そして、それに関連して防災講話の依頼があり、日見中学校の全校生徒に


「防災について考える~いつかはジブンごと」


というテーマで防災講話をしてきました。

実は、1年生の皆さんは、2年前の小学5年生の時に防災授業を受けた子ども達。入ってくるなり、「あ!八郎川の先生だ!」と覚えていてくれました。


講話で中学生の生徒たちに伝えたかったことは、避難とは、生き延びることで逃げることではない。ということ。

そして、その避難行動を多くの人はなぜかしない。ただ、災害で生き残った人はみんな「避難」しているという事実を話しました。


そして、なぜ人は避難しないのか。


そのメカニズムを分かりやすく伝え、日頃の防災に対する心構えについて話し、最後に1番伝えたいメッセージを。


「自分の命を人に委ねないでください」


時間にして約35分と短い時間でしたが、日見中の生徒のみんなに何か1つでも心に残ってもらえればいいなと思います。


後日、生徒たちの感想文が学校からお礼状と一緒に届きました。 最高に嬉しい!







閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page